テーマ:アンテナ自作

ブログもスーパーラドアンテナも3年目を迎えました

全く早いもので、ブログ開設から3年がたってしまいました。 読み返してみても大したことを書いておらず、また、更新らしい更新もせず・・(笑) まっ、こんなもんでしょう。 しかしそれでも、この3年の間にスーパーラドアンテナ(Super rad antenna)/(SRA)は、開発者様はじめ多くの仲間の支えのお陰さまで徐々に認知度も上が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

135KHz用スーパーラドアンテナの顛末~2

早速組み上げを行いました。 今回は追加で付加するCを自作予定からバキュームコンデンサ(真空コンデンサ)に急遽変更しました。(自作コンデンサは次回に行う予定です) こうすれば、後は簡単です。 形だけは完成~♪ 136KHzでSWR=1.03です。 ちょっと出来過ぎです。 これで済むとは思わな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

135KHz用スーパーラドアンテナの顛末~1

135KHz用は春先までの完成を考えていたのですが、思いがけず160mバンドのTOP DX'erのお一人である某大OMからメールを頂き考えが変わりました。 ちょっと馬力を上げて3月末までには完成、QSOまでやってみようと。 某OMとはちょっとした「お約束」がありますので、こいつを何としてでも果たしてみたいと思ってしまった訳で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーラドを作る際の基本的な考え方~製作法と調整のまとめ

スーパーラドは何も特別な理論で働いているアンテナではありません。 然しながら、ワイヤーアンテナ作りとは違った側面があることも事実です。そこで、これから試作を始めようと思っている方へ製作・調整時の考え方を私なりにまとめてみました。 スーパーラドは「LC共振回路上にエレメント=シリンダ又はディスクがあるだけ(これらもLC共振回路…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ヘボハムからスーパーラドアンテナに感謝を込めて

今年の2月頃に知り合ったスーパーラドアンテナのお陰で様々な出来事があった1年でした。 *とあるブログから実験仲間や開発者本人を見付け、追い掛け回した挙句、図々しく教えを乞った出会いの日。 *半信半疑で取り敢えず作ったら1本目でいきなり成功してしまい、窓際に立ててQSOが成功して一人悦に入った日。 *実験されているO…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

144MHz用のスーパーラドが出来てしまった

スーパーラドは超小型の形状ですから、144MHzのような高い周波数帯のものはあまりに調整が難し過ぎて、無理だろうと信じ込んでいました。 処が、ある方が50MHz用を作られたので、その内容を伺ってみたら・・ 簡単に出来たと仰る・・。 ホンマカイナ・・ と思いつつ、じゃぁと言うことで作ってみました。(144MHz帯は垂直偏波です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーラドアンテナの標準化への試み~固定(バリアブル)コンデンサ

3.5MHzや7MHz用のシリンダタイプのスーパーラドを「誰でも失敗無く作れるような方法」を考えだしてかなりの歳月が過ぎました。 サイトには製作例をアップしていますが、それらはこれまで作った中の数本でしかありません。 実際には、多くの失敗作を作っており、その失敗から「勘所」を知り、最近ではあまり失敗しなくなった訳です。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

スーパーラドの比較実験場~場所を作る

最近、スーパーラドを自作される方が急増しています。 これは、とても嬉しいことなのですが、ネット上ではこのアンテナの利得やダイポールとの比較といったデータを求められることが増えているように思います。 自宅には短縮GP(CP-6)しかありませんから、この屋根上GP(給電点高=約7m)とベランダ(地上高約3m)に設置したスーパーラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーラドアンテナに批判的(懐疑的)な方々へ

今日は少々真面目なお話をします。 スーパーラドアンテナに批判や非難ともとれる言動をなさる方が居ると聞きました。悲しいことです。 それらの方々の「言い分?」をざっくり言えば、「インチキなんじゃねーの?」と言うことのようです。 いわく、「同軸からの輻射じゃねーの?」「アースがアンテナとして働いているんじゃねーの?」「リニア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

135KHz用アンテナをマンションに建てる方法についての考察

135KHzという長波のアンテナをワイヤーアンテナで作るなどは私の環境では絶対不可能・・マンションではありませんが、庭無し2階建ての一戸建て。 実家(JA3)は恵まれた環境ですが、それでも、どんなに曲げても全長300mは無理。仮に220m張れたとして1/10λです。7MHz用に4mのワイヤーが張れた程度。まぁそれでも4m張れたらロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3.5MHz用スーパーラドアンテナの製作

このご時世に・・と言われそうですが、ここ2ヶ月は仕事が超多忙なため、ブログの更新はおろかHPの更新や好きなアンテナの実験も全てOFF状態でした。 どうにか仕事も少し落ち着いたので、製作したスーパーラド3.5MHz用の製作内容をアップします。 今回の目標と改善点は以下の通りです。 ■目標 誰でも再現出来、簡単に調整が出来る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7MHz用スーパーラドアンテナの反省点と再現性重視の3.5MHz用スーパーラドの試作開始

7MHz用を試作、実験した結果、取りあえず電波は出ました。 自宅のベランダ設置では輻射が強いせいか、部屋の電気掃除機が勝手に起動してしまう始末。マズイ・・ 電波は間違いなく輻射されている。それもかなり強いと感じます。 ホームページに試作した模様をアップしていますが、反省点もあります。 1)周波数調整のための機構が…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

7MHz用スーパーラドアンテナの試作品が完成

長らく放置プレイだった、スーパーラドの7MHz用試作品が完成しました。 パイプの全長50cm、シリンダ(ワイヤーアンテナのエレメントに相当)部分僅か20cmです。 取り敢えず、電波が出るのか試射してみることにします。 室内(机の前)に置いて、御前崎の局を呼んでみると、なんと1発コールバックです。 サービス59かもしれ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

144MHz、430MHzにオンエアすることにしました

現在、手持ちのリグでは1.9~50MHzまでしかON AIR出来ない状態です。 実は、昔(JA3UMJ時代)も全く同じで1.9~50MHzまでだったのです。 144MHz以上は、開局当時の私の技術では難しかったのです。 現在のロケーションでは大きなアンテナを建てることは無理です。 (スーパーラドアンテナがその悩み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーラドアンテナ試作の続き(番外編)

何も考えず、作り始めてしまいましたが、ここである事に気付きました。 (遅いよっ!という突っ込み覚悟です)(^^;) 私が自作に勤しんでいた頃(学生時分)は、部屋中にジャンクが溢れ、測定器らしきものもその辺に転がっていました。 所が、長いQRTのことをすっかり忘れ、自作を始めてみたら、ジャンク部品1個無いという自宅の状況に気…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スーパーラドアンテナ試作の続き

試作中のスーパーラドアンテナにアクシデントが! 給電部分のタップにハンダ付けした途端にスペース巻きに使用したPP製の糸が熱で溶けて切れました。 そりゃそーだよ。ハンダ付けする時の事も考えろよな・・トホホ ってことで、今度はタコ糸を使って巻き直しました。 77Tスペース巻き、2.5Tと3Tに給電用のタップを出し…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

アンテナ妄想+アルコール変調

自作中のアンテナことを妄想しています。 しかも、今はアルコール変調がかかっています。 (オーバー変調~♪) んで、こんなことを妄想中・・ ---------------------------------------------- 共振コイルに給電する。 ↓ 共振コイルに磁界が発生する。 ↓ 当然、接近…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スーパーラドアンテナの試作を始める

部品が揃ったので、とにかく作り始めることにしました。 電磁気学なぞ忘却の彼方なので、リクツは一切考えず・・(笑) 回路図はこんな感じです。 さて、これが「二次輻射」のカナメのシリンダーです。塩ビパイプの上部にアルミテープを巻いて作るのが基本らしいのですが、共振コイルとの間隔が自由に調べられるのでこのように作って…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アンテナ自作のテンションが少し上がって来た!

某局のブログに触発されてしまってスーパーラドアンテナの試作をすることにしました。 とにかく理論が面白い! 形はEHアンテナに似ていますが、本質的に違うアンテナという印象です。 (というより、EHアンテナもこのアンテナの一種のような気もします。) 構造はホントに単純で、殆どホームセンターで入手出来る材料だけで作れそうで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more