135KHz用アンテナをマンションに建てる方法についての考察~2

スーパーラドを試作・実験している有志の方々がフェライトの利用や円盤型シリンダに関するテーマで実験を続けられています。

135KHzのような長波にこそ「小型化」が必要な訳で、上記のテーマは有用かもしれません。

当局は上記の2テーマについての実験は未だですが、いずれやってみたいテーマです。特に、フェライトの利用方法が確立されれば、135KHz帯は「誰でも気軽に」ON AIR 出来る周波数となると予想されます。

JA1JYC局のフェライト利用に関するブログ

JA7HLJ局のフェライト利用に関するブログ

スーパーラドをご存じない方には何の話?と思われることでしょう。このアンテナの理論はこちらのページに記載していますので、ご興味があればどうぞ。

やってみたい実験は沢山ありますが、今回は今まで知り得たオーソドックスな方法で挑戦してみたいと思っています。

ところで、送信機をどうするかという問題はズルをしてしまいました。 m(_)m ↓

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック