スーパーラドアンテナに批判的(懐疑的)な方々へ

今日は少々真面目なお話をします。

スーパーラドアンテナに批判や非難ともとれる言動をなさる方が居ると聞きました。悲しいことです。

それらの方々の「言い分?」をざっくり言えば、「インチキなんじゃねーの?」と言うことのようです。

いわく、「同軸からの輻射じゃねーの?」「アースがアンテナとして働いているんじゃねーの?」「リニア使ってんじゃねーの?」云々・・

確かにスーパーラドアンテナは現時点でその全貌が判明している訳ではありません。

しかし、それがどうしたと言うのでしょうか。

世の中には理屈(理論)は良く判ってないが「結果としてこうなった」から使うものなど山ほどあります。

薬の世界などでは当たり前のことで、薬理は判っているがその作用理論が未解明なものなどいくらでもあります。

麻酔薬もその代表の一つと言えば驚く方も多いのではないでしょうか。

実は麻酔がどうして起こるかすら良く判っていないのです。大雑把に言えば「麻酔される」ことが判っているだけなのです。

物理学の世界ではどうでしょう。物理学の世界でも全く同じです。「何かやってみたらこうなった」から始まり、今だ未解明の理論も多いのです。

アマチュア無線家も物理を知る方々と思っていますから、実験の積み重ね(知見の獲得)による実証という物理学の最も古典的かつ基本的なスタンスを忘れて欲しくありません。

「物理は百の空理、空論より一つの実験(検証)だ」と某物理学者の先生も仰っていました。

スーパーラドアンテナは従来のアンテナ理論から逸脱しているように見えるアンテナでしょう。

だからこそ、検証が必要なのです。

もしも、検証の結果、今まで知らなかった全く新しい知見を得たら・・それこそ物理学の醍醐味(アマチュア無線の醍醐味)だと思えませんか。少なくとも、私を含め、このアンテナを実験している同志の方々はそうです。

誰かが新しいことを始めた。なら、検証してみる。これが正しい態度だと思うのですが如何でしょうか。

ご意見はいつでも拝聴致します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック